3分で読む時事英語

英語の時事ニュースを、英単語のポイントと共に読んでいきましょう。3分で読めるようにすっきりまとめています。毎週1~2回更新。

英語の給与明細を見てみました!

実家にまだ私の部屋が残っていて、整理していたところ、
10年以上の前のものになりますが、給与明細を発見したので、
ブログのネタにさせてもらおうと思います!

 

今は・・・さすがにネットで見れはずです。

 

日本にもある、大手某人材派遣会社がNYCにもあり、
ちょっとしたバイト的なことをした時のものです。

 

全体はこういう感じです。。会社名やら住所があるため、
ぼかしています。

 

f:id:tamuratoshiyuki:20181205201827j:plain

 

 

大まかに、5つのかたまりとなっていて、

 

<左上>雇い先の会社名→(略)

<右上>文書名と働いた期間

 

<左中段>税の区分

<右中段>指名、住所→(略)

 

<色の箇所>内訳

となっています。


特に重要そうな単語や解説は赤にしていますので、
参考にしてください!また、あまり専門用語に
明るくありませんのでご了承ください。。

 

f:id:tamuratoshiyuki:20181205204229j:plain

まずは、<右上>の文書名と働いた期間です!

Earnings Statement = 損益計算書

Period Beginning = 期間のはじまり

Period Ending = 期間の終わり

Pay Date = 給料日

・日付はアメリカでは、月、日の順です。
年は最初だったり最後だったりします。

・ご存知の方も多いかもしれませんが、
アメリカでは、給料の支払いは2週間ごと、が多いです。

 

f:id:tamuratoshiyuki:20181205210229j:plain

<左中段>税の区分やSSN(年金番号的なもの)の情報です。

 

Taxable Marital Status = 課税結婚ステータス
・結婚ステータスによって課税額がおそらく変動します。

 

Exemptions / Allowances = 免除 / 給与額

Federal = 連邦政府(国、アメリカ合衆国のこと)

NY = ニューヨーク州

New York Cit = ニューヨーク市
・国、州、群、市などから税金を取られます・・・

 

 Sosial Security Number (SSN) = (アメリカ合衆国の)社会保障番号

・Numberは会話などでは省き、Social Securityで通じます。

・SSNは、単純に英語だけ学ぶような留学生は仕事の機会も
無く、取れない/取らない場合が多いかと思います。
私は911後に留学しましたが、まだ色々ゆるく、
大学付属の語学学校に証明書のようなものを
もらい、すんなりと取れました。。

 

 

f:id:tamuratoshiyuki:20181205205950j:plain

<色の箇所>の内訳に入ります!

 

Earnings = 所得

rate = レート
・時給ですね

hours = 時間
・働いた時間

this period = この期間
・上記に出てきた、3/31-4/13となります。
ご存知の方も多いかと思いますが、アメリカでは
給料は基本2週間に1度支払われることが多いようです。
今もそうなんでしょうか・・・?

year to date = 年度の始まりからこの日まで

Gross Pay = 総給与

 

f:id:tamuratoshiyuki:20181205210051j:plain

Deductions = 控除

Statutory = 法令

 

NY SUI/SDI Tax = ニューヨーク州の失業税/廃疾保険

・SUIはState Unemployment Tax

・SDIはState Disability Insurance

Federal Income Tax = 連邦所得税

NY State Income Tax = ニューヨーク州所得税

New York Cit Income Tax = ニューヨーク市所得税

Net Pay = 実収

Your federal taxable wages this period are $201.50
= この期間のあなたが連邦から課税される賃金は$ 201.50です

 

といった感じになります。

 

こんな感じの給与明細なんだ!って思っていただければ
幸いです。ではまた!