気になった英語の記事を解説します。

英語のニュースを、英単語のポイントと共に書きます。毎週1~2回更新。

ハリケーンのカテゴリーを見てみました

日本では〇〇時間テレビやらで
なかなか平和だった週末でしたね。

 

アメリカでは、週末はハリケーンのハービー(Harvey)が
テキサス州に上陸する話で持ち切りでした。

f:id:tamuratoshiyuki:20170830223303p:plain


ハリケーンのカテゴリーは1~5(5が最大)あり、
1分間の最大風速が96~113ノットなら
カテゴリー3、と数値的に決まっています。

 

カテゴリーによってどんなことがあるか
ウィキペディアから見てみました。

 

Saffir–Simpson scale - Wikipedia

 

 

Category 1 Very dangerous winds will produce some damage


Category 2 Extremely dangerous winds will cause extensive damage


Category 3 Devastating damage will occur


Category 4 Catastrophic damage will occur


Category 5 Catastrophic damage will occur

カテゴリー1=危険な風がいくらか被害をもたらす
カテゴリー2=非常に危険な風が広範囲に被害をもたらす
カテゴリー3=壊滅的な被害をもたらす
カテゴリー4、5=破滅的な被害をもたらす

 

ウィキペディアの情報源がよくわからなくて
申し訳ないですが、4と5は同じ表現のようです。

  

POINT

produce (v) =(被害を)生ずる

extensive (adj)=広大な、広範囲の

devastate (v) =荒らす

catastrophic (adj) =破壊的な

 

produceは通常は「生産する」ですね。

devastateは"I was devastated."などとして
(悲しいことがあって)「途方に暮れる」
なんて意味にもなります。

 

今回はカテゴリー4になり、しかも同じ場所に
数日停滞するので、かなり危ないのではないか、
ということで特に話題です。

 

8/28月曜の時点でもまだまだ進行中のようですので、
あまり被害が大きくならないといいですね。

 

ではまた。