気になった英語の記事を解説します。

英語のニュースで気になったことを書きます。毎週月曜+α更新します。

ヤバ薬がバングラディッシュで流行っているらしい...

名前が目を引いただけの記事を読みました...笑


バングラディッシュではヤーバー
(ヤバではなくてヤーバーとのばすみたいです。)
というドラッグがこの10年ほど流行っていて、
社会問題になっているようです。

 

edition.cnn.com

 

メタンフェタミン+カフェインということで、
ほぼ覚せい剤なんでしょうか...?

 

東アジア、東南アジアでは特に蔓延しているようで、
国連の資料では、ほとんどミャンマーから密輸されています。
2013年中国で押収された90%はミャンマー産だったようです。

では1文見てみましょう。

-----------------------------------------

The synthetic yaba pill doesn't depend on unreliable opium harvests; it is small, attractive and easy to smuggle.

-----------------------------------------

人工的なヤーバーの錠剤は当てにならないあへんの収穫に左右されない。小さく、魅力的で密輸しやすい。

 

syntheticは「総合の」「合成の」と意味がありますが、
あへん=opiumの収穫という自然と比べているので、

synthetic=人工的なとなると思います。

 

smuggle=密輸する

ですね。

 

アメリカにいた時、とある場所で一緒に働いていた
友達が白い粉を持っててびびりました!

 

ダメ!ゼッタイ! 以上です。。