気になった英語の記事を解説します。

英語のニュースで気になったことを書きます。毎週月曜更新します。

おすすめの読書リストその1

今回は番外編で、英語学校で配られた
おすすめ読書リストを紹介します。

 

私がアメリカにいた時なので、
2003年ころのリストです...

 

物書きの先生だったので、なかなか良いリストかと
思います!

 

村上春樹や、中華系、南米の作家などの
本も入っています。邦訳とかもほぼありますので、
日本語、英語問わずぜひ読んでみてください!


This Boy’s Life / Tobias Wolf
ボーイズ・ライフ/トバイアス・ウルフ

映画にもなったようです。
父と息子のロード・トリップを書いています。


Anywhere But Here / Mona Simpson
地上より何処かで/モナ・シンプソン

こちらは母親と娘のロードトリップ。
これも映画化されています。

 

The Grapes of Wrath / John Steinbeck
怒りの葡萄/ジョン・スタインベック

Travels with Charlie / John Steinbeck
チャーリーとの旅/ジョン・スタインベック

チャーリー(わんこ)との旅はノンフィクションとのこと。

A Passage to India / EM Forster
インドへの旅/E・M・フォースター
A Room with a View / EM Forster
眺めのいい部屋/E・M・フォースター

イギリスの作家による物語で、両方映画になったようです。

 

Beloved / Tony Morrison
ビラブド(愛されし者)/トニ・モリスン

奴隷の家族による逃避行を描いています。

一度読んだのですが、幽霊とかでてきて、あまりよく
わかりませんでした...

 

Norwegian Wood / Haruki Murakami
ノルウェイの森/村上春樹

アメリカの本屋でも山積みになっていました!

 

Growing Up / Russell Baker
グローイング・アップ/ラッセル・ベイカー

最後の作品ですが、英語で簡単な説明があったので、
ちょっと読んでみましょう↓

 

Autobiography by a well known journalist covering his growing years in Baltimore, Maryland.

autobiography=自叙伝

well known=良く知られている、有名な

cover=ここでは「含む」でしょうか。
coverは意味が広いと思います。

=有名なジャーナリストがメリーランド州
ボルチモアで成長した時期を含む自叙伝

 

といった感じでしょうか。

 

後半の読書リストその2に続きま~す